【With You】 1/7 伊藤 乃絵美(メイド服ver.1 ぷち改) Maker:海洋堂WSC(J.P.S. TEAM LO-TATSU)
ちょっとえっちな乃絵美タン"ご主人様専属メイド"バージョン。
「なんで、乃絵美タンが攻略できないんじゃぁぁぁ!!!!」
という心からの叫びとそれに伴う妄想を具現化してやったを!!!!


10年ほど前に・・・


海洋堂WSCバージョンの伊藤乃絵美。
最初に完成させたのは2001年10月。
もう10年近く昔の話です。


そして、飾ったまま放置してたら、パテは浮いてるわ、妙なシミが付いてるわで、見るも耐えないお姿に・・・。

なのでドボン→リペイントとあいなりました。
乃絵美タンヽ(´ー`)ノマンセー




でもドボンしてから半年以上たってたり・・・・


リペイント前はこんな感じ。
これを完成させた頃は、サフレスクリアー仕様の肌色がマイブームですたw


ガレキは、こうやって簡単にリペイントできるってのがいいね。


塗装は今回渋めで。
メイド服は黒とデッキタンみたいな色。
ニーソとリボンはつや消しの濃いグレー。

髪の毛は紫っぽい色に紫パール。
ピンクにパールとクリアーでテカテカな唇なんだけど、写真だとほとんどワカラナイ・・・。(TдT)



ミニスカスキーなので、超ミニスカメイドさんでつ。
とはいえですね、スカートを一から新造するようなテクは持ってないので、別のキットから流用したのです。


が、10年も前のこと、今となっては何のキットから流用したのかは、謎であります・・・。


こういう黒いワンピースに白いフリフリエプロン+ホワイトブリム(カチューシャ)っていうのは、大英帝国の本場では午後のスタイルだったんだとか。

んでもって、渋い喫茶店とかで見かける、地味なロングスカートのメイドさんをヴィクトリアンメイド、オタク共御用達のメイド喫茶等のミニスカメイドさんをフレンチメイドっていうらすい。


後ろから。
バカでかいリボンがかわいいです。


実は流用したスカートがミニスカすぎて、スカート丈が足りてないです。
パンティ丸出しでつ。


後1cmほどスカートを長くしたいのですが、そんな改造をするテクがない自分が恨めしく思う今日この頃・・・・。


スカート正面からだと、両手でパンティ隠してるみたいでエロいでつ。
そして隠しきれていないところがまたよかですたい。


リボンの鉄壁のガードで、後ろからはパンティはよく見えないでつ。


個人的にはこの角度がスキです。
この見えそうで見えない感が何とも・・・。

マイクロミニの王道はパンティが見えそうで見えないけど、やっぱり見える。じゃないかと。


でも、ちょっとでも角度をずらすとパンティ丸見えになるんですがね・・・・。
パンティが隠れる位置が超ピンポイント・・・。


それにしても、蓮見江蘭さん原型の乃絵美タンは、めっさカワイイでつ。
最近でもPVCの完成品として乃絵美タンが発売されてますが、自分の中では、これら乃絵美フィギュアの頂点に君臨しておられますよ。

ちなみにver.2も持ってるんですが、こちらは順当に積まれてます。だってほら、パンツ見えな(ry


ちょっと煽ればもうパンティ全開。
あまりにも全開すぎて色気も何も無かったりします・・・。


パンティは普通に透け塗装。

こんなこといっちゃいけませんが、コレ真っ白に塗装するとまるでグンパン(グンゼのパンツ)です。
Repaint 2010/8