【ガールズ&パンツァー】 1/8 ダージリン  Maker:宴会芸


久しぶりにプラモのボックスアート風なCGで。
バックの戦車はタミヤの1/35チーフテン。
このCGのためだけに、押入から引っ張りだして、やっつけ作業で約4時間で完成させますた。



宴会芸さんところの「ガールズ&パンツァー」 1/8 ダージリンです。
もう説明不要な、聖グロリアーナ女学院の隊長さん。
ダージリンはニックネームで、隊員全員が紅茶の産地や等級に由来するらしいですよ。

個人的にガルパンの中で一番好きな娘。
なので珍しく、買ってソッコーで完成させました。

キット自体は正当派(?)アマチュアガレージキット。
手流し品なので、大きな気泡から微細気泡、段差、モールドの埋まりと何でもあり。
でも不思議なもので、愛着あるキャラだと、こんなキットの方が作っていて楽しかったりするのでありますw





上半身の制服パーツのほぼ全体が微細気泡の塊で、スポンジ状態
w
結局パテ埋めを諦めて、塗料を筆塗りで塗って、生乾きの時に微細気泡にすり込む。
という無謀な手段で乗り切りました。
これが以外に成功で、その上からエアブラシで塗り直したんだけど、微細気泡目立たなくなりましたw
なのですっごい厚塗りになってまふ。

スカートは、もともとギリミニだったんだけど、裾を薄く削ったらパンティ丸見え状態にw。





ちょいとあおり気味にすると、それはもう豪快なパンモロ状態。
顔が誰これ?状態だけど、アマディーラーキットでそんな事いうのは野暮ってもん。
心の目と脳内補完でカバーするものなのですヨ。






パンティはこんな感じ。普通に白の透け塗装。
なんとなく高級な感じにしたかったので、パール塗装したんだけど、写真ではほぼわからないねぇ・・・。






ティーカップの中は、レジンで埋まってたのでごりごり削ったあと、
木工用ボンドにクリアー塗料混ぜて紅茶っぽくしたかったんだけど、
効果はいまひとつ。色的にコーヒーになってるしw

2013/9 完成